最近の投稿

カテゴリー

引越し業者の段ボール箱のロゴマーク

今までの引越しの経験から、書いてみたいと思います。
今まで過去に数回引越しの経験をしました。

家族4人で、それぞれの荷物もだいぶ多く、トラックも4t仕様で1台はかかります。
そのため、いくら安くても他県に引越しをする場合に40万円ほどの料金が。

今から10年ほど前に引っ越しましたが、その時の料金が38万円でした。
そのとき、合計3社から見積もりを取り、いろいろ検討しました。

作業人数やサービス特典などさまざま検討し、最終的に金額的には少し高かったクロネコヤマトに依頼しました。
理由は、対応した方が良かったことと、作業人数が多かったことです。

クロネコヤマトは作業人数3人でしたが、他社は2人。
作業人数の違いが作業時間にも関わってくるので、ヤマト以外にも3人に増やせるかどうか確認しました。

ところが、その時期は年度末ということもり、作業人数が確保できないとのこと。
実際に3人で作業をしてもらい正解でした。

作業時間は2時間で終了し、そのあとの時間を荷物の片付けの時間に当てることができたのです。
これがもう少し長くかかっていたら、結構大変だったと思います。

金額的には少し高かったでした、クロネコヤマトに依頼して良かったと思います。

引越し業者を利用して引越しをする場合、専用の段ボール箱がいくつかサービスで貰えるのが普通です。
これはもちろん顧客獲得の為のサービスの一つでもありますが、それ以外にも、近隣へのちょっとした広告効果目的も含まれていると言えそうです。

引越し業者の段ボール箱には、基本的にそれぞれの業者のロゴマークがプリントされています。
業者から貰う段ボールだからロゴマークが入っているのは当然なのですが、目立つロゴが入った段ボール箱を使って荷造りや引越し作業を行うと、近隣の住民の目にも留まりやすくなります。

玄関先に荷造り済みの段ボール箱があれば、やはり近隣の方の目に触れる機会は多くなります。
印象的なロゴマークが箱にプリントされていれば、それだけでも宣伝効果が発揮されるのです。

時折、近隣の家の軒先などに、引越しの時に使用したらしい段ボール箱が置かれているのを見かけることがあります。
かなり以前の物らしい箱も見かけることが多いですが、やはり引越し業者のロゴが入っていると目が行きます。

そうやって日常の中で不意に視界にロゴマークが入ってくることで、自分が引越し業者を利用する状況になった時に選択肢の一つとしてその業者が挙げられる可能性は高いと言えるでしょう。
近隣でよく見かけるロゴマークの引越し業者なら、利用者も多いことが明確なわけですから安心して利用できるというメリットもあります。

引越し業者に依頼するときの補償

引越し業者を利用して引っ越す場合、補償制度について確認を行っておくと、万が一の際にも慌てることがなくなってきます。
各引越し業者では、荷物の運びだし作業の際に荷物に傷がついてしまうことを想定して補償を設けています。

補償制度があることで、荷物を運んでいる途中で落としてしまったりぶつけてしまったときに、その代金を返してもらうことができますので、安心して利用することができます。
ただ、引越し業者によって補償額は違ってきますので、高価な荷物を運ぶときには額について確認しておくとよいでしょう。

高価な荷物をお願いするときには、補償額が高くなっている業者に依頼することで、万が一が合った時にも業者ともめることもなくなってきます。
ただし、補償してもらうためには、自然災害や交通トラブルなど、業者で責任が取れないケースでは、補償してもらうことができませんので、その条件について確認を行っておくとよいです。

業者では、素人が荷物を運び出すのと比べて、慎重に作業を行っていくため、荷物のトラブルなく作業を終えることはできるのですが、荷物の量が多かったり、重い荷物や高価な荷物を依頼するときには、補償内容についても確認を行っておくとよいです。